不労収入ができると思ってコインランドリー開業をする人がいますが、それでは失敗する恐れがかなり高いです。
不動産投資と比べても、経営の能力が必要とされるので全くの手放しというわけにはいきません。
経営能力は売上に大きく影響します。
また家賃や光熱費などのランニングコストも高いため、収支のバランスをうまくコントロールしないと、売り上げがほとんどないなどの深刻な問題に直面します。
まずは失敗する原因を理解してから計画することが重要です。

コインランドリー開業で失敗しないコツとは?失敗する原因を押さえて開業を成功させよう

コインランドリー開業で失敗しないコツとは?失敗する原因を押さえて開業を成功させよう コインランドリー開業するには、かなり高額の初期投資が必要です。
店舗の内装工事で800万円程度、専用の大型洗濯機を複数導入するためには2,000万円程度は覚悟しなければいけません。
コインランドリー開業で忘れがちなのが、ランニングコストです。
立地にもよりますが家賃で10万から30万円は必要となるでしょう。
水道光熱費は、15万円から30万円がかかります。
この他に償却資産税などの税金もかかります。
コインランドリー開業で失敗しないためには、これらの費用を賄うことができる売り上げを上げる計画が立てられるかと言うことです。
開業当初は収入は不安定で、あまり稼げないはずです。
競争相手が近くにできれば顧客が減少します。
理想の売上ではなく、現実の売上で経営できるかを考えなければいけません。

コインランドリー開業に失敗する主な原因を押さえておこう

コインランドリー開業に失敗する主な原因を押さえておこう コインランドリーの経営は初心者でも比較的手軽に始められますが、コインランドリーは店舗数が非常に多いため、開業しても失敗に終わるケースが少なくありません。
そのため、コインランドリー開業を目指すのであれば、まずは失敗する主な原因を押さえておくことが重要です。
コインランドリー開業が失敗する原因としてまず挙げられるのは、立地の選択ミスです。
コインランドリーは、競合店と差別化が図りにくいという特徴があるため、周辺に大規模で新しい店舗があると集客が難しくなります。
また、当然ながらニーズが少ないエリアに開業しても失敗するリスクが高いので、競合店の有無とともに、一人暮らしや子供がいる家庭がどの程度あるのか十分に調査しておくことが大切です。
設備トラブルやお客さんからのクレームに対応できないのも、よくある失敗原因です。
例えば、洗濯機や乾燥機の故障、お客さんの忘れ物、清掃の不備といったトラブルやクレームは珍しくありませんが、これらに対して迅速かつ的確に対応できなければ、お客さんからの信用が落ちてしまい利用者の減少につながる恐れがあります。
そのため、洗濯機や乾燥機のメンテナンスを怠らないとともに、クレーム対応に自信がない場合はトラブルやクレームに対応してくれるコールセンター代行業者の利用も検討しましょう。

コインランドリー開業の詳細HP

コインランドリー開業